メディアコンテンツファクトリー

TOP> 会社概要
平成10年7月 株式会社メディアコンテンツファクトリーを資本金1千万円にて設立
平成10年8月 九州にて、医療機関向け情報サービス「メディウェーブ」の販売及び運営開始
日経BP販売株式会社より日経BP社刊「日経メディカル」の医療情報の提供開始
平成11年2月 日経BP販売株式会社と提携
「メディウェーブ」の名称を「メディウィンドウ」に改め日経BP販売株式会社と2社による商標登録出願
平成11年3月 広島支局・東部本社を開設し、全国医療機関への販売及び運営開始
プラズマディスプレイメーカー兜x士通ゼネラル全国各支店との共同営業開始
平成11年8月 「メディウィンドウ」運営ソフトを自社開発し販売開始
平成12年9月 Panasonic製プラズマディスプレイを「メディウィンドウ」標準仕様のディスプレイとして採用し、松下電器産業潟Oループの販売協力体制の締結
平成13年3月 本社、及び制作・放映センターを現在地へ移転
平成13年10月 インターネットを利用した「メディウィンドウ」運営配信システムWeb Communication Systemを開発しリリース開始
平成14年1月 「メディウィンドウ」設置導入先200件を超える
平成15年1月 名古屋支局を現在地に開設
平成17年3月 NECパーソナルプロダクツ表示システムAdWindowへのコンテンツ配信契約締結
平成19年4月 番号表示・メール呼出システム「メディウィンドウ+Call」 開発リリース
平成19年10月 医療情報表示システムを利用した広告配信事業をスタート
平成20年3月 予約システム「待ち行列」「i-Call」販売代理店開始
平成20年4月 サイネージ向けコンテンツ制作・配信アウトソースサービススタート
平成20年6月 東京支局あらため東京支社を現在地へ移転
平成27年12月 子会社「株式会社クラウドクリニック 」を設立